FC2ブログ

コストパフォーマンス(費用対効果)

こんばんわ、こーじです!
今夜も暑くて寝苦しくなりそうですね。暑さからの寝不足で 怪我や事故をされないように 皆さん気をつけて下さい!

さて、突然ですがここで質問です!こちらをご覧下さい。

3階エアコン工事


写真に写っているのは 当社QUATTROの代表なのですが
彼は今 「何階」にいるでしょうか??

ヒント1です。

三階エアコン工事


これは…お隣さんの屋根でしょうか?

ヒント2です。

高所エアコン工事

うわ、地面が見えませんね…ということは…

ハシゴエアコン工事


正解は 3階でした!写真を見ているだけでも 足がすくみますね…。

ハシゴはしっかりと固定していますが もちろんハシゴから自分が落ちてしまえば 大怪我をしてしまいます。
最悪の場合 命に関わることになります。まさに命がけです!
なので 大手量販店や 引越し会社の工事業者などは3階のエアコン工事をお断りすることが多いようです。

もちろん僕らもスーパーマンではありませんので 恐怖心もあります。
ですが 他店で断られて 困っている方がいらっしゃるのであれば
それにお応えするのが 我々「プロ」の使命ではないかと思っています!

量販店や引越し会社の工事業者は なぜ難工事をしたがらないのでしょうか??

今回は量販店(引越し会社)の工事業者と 私たちのような直接取引の工事業者の違いについて 書いていきたいと思います。


2000円札


唐突ですが「2,000円」 この金額は何の金額だと思われますか??

信じられないかもしれませんが… 量販店や引越し会社の工事業者が エアコンを1台取り付けて支払われる金額が
「2,000円」なのです。

量販店だと エアコンを新規で設置するので 配管、電線、エアコン架台、ドレンホースなど部材代も業者負担
「7,000円」です。

取り付けに使用する部材代を引いてしまったら どちらも現場までのガソリン代と人件費にしかなりません。
ましてや 現場に駐車場があるケースの方が少ないので 駐車にコインパーキングを使用してしまったら
もはや「ボランティア」になってしまいますね。

これを読んで 「えっ!?ちょっと待って、わたし1万円以上の取付費を 引越し会社(量販店)に支払っているけど!」
そう思った方がいらっしゃるかと思います。

今の相場だと 引越しでのエアコン取り付けの料金は「12,000円」前後 量販店などのエアコンの新設は「20,000円」前後です。
なぜ、お客様が支払っている金額と 実際の工事業者に支払われる対価に 差が生まれるのか!?
それは「マージン」というものが 発生するからです。

家電量販店


エアコン工事においてのマージンとは??
1、引越し会社(量販店)が工事仲介業者に現場(お客様)を紹介する手数料
2、工事仲介業者が工事業者に 現場(お客様)を 斡旋する手数料

この手数料(マージン)は お店、会社によって また工事内容によって異なりますが
だいたい工事料金の 30~40%前後です。

例を挙げてみますと エアコン取付工事に必要となる「配管(パイプ)」
だいたい どこの引越し会社や量販店も 1mあたりの金額を「3,000円」前後に設定しています。

ですが、この金額は マージンがプラスされての金額となっています。
当社のような 直接取引の会社ですと 1mあたり「2,000円」です。

仮に一般的な環境で 配管を4m使用した場合

・量販店や引越し会社で頼んだ場合
3,000円×4m=12,000円

・直接取引の会社
2,000円×4m=8,000円

なんと、配管だけで「4,000円」もの差が発生してくるのです!
もちろん、追加で化粧カバーを取り付けたり、気密処理を行うなど 追加工事が多くなればなるほど
金額の差はどんどん大きくなります。

なので 結果として「ぼったくられた」「高額の追加料金を取られた」と皆さん感じてしまう訳です。

ぼったくり


一方、量販店などの工事業者はといえば マージンで引かれた 最低限の工事料金しかもらっていない訳ですので
お客様が支払った金額どおりの工事はしません
いえ、出来ないと言った方が正しいかもしれません。

彼らも生活のために 工事を行っている訳ですので 対価が少なければ それなりの部材を使用して
それなりの工事をするしかないのです。
また、どうしても台数をこなしてなんぼ という感じになってしまいますので 時間を急ぐあまり
作業工程を省いたり(手抜き工事) 口調や態度が悪くなったり 現場での清掃作業を怠ったりします。

そして 冒頭に書きました 3階工事のような難工事にいたっては 仮に技術的に出来たとしても
「出来ない」と帰ってしまうこともあるようです。
時間に追われている彼らにとっては 難工事をするメリットはあまり無いためです。


そういったことが積み重なって、結果として「こんなはずじゃなかった」 となってしまうのです。

まさに 今回のブログテーマである コストパフォーマンス(費用対効果)」が 悪いということになります。

一方、当社QUATTROのような 直接取引の会社の場合ですと マージンが発生しませんので
「適正な価格」「良質な部材」を使用して工事を行えます。

また、時間にもゆとりが出来て 1件の現場(お客様)にかけられる時間が多いため
お客様の「要望に応えたり」 「清掃作業」をしっかりすることが可能です。

実際に 当社で施工をさせていただいたお客様から 「こんなことまでしてもらって!」
「こんなに綺麗に取り付けてくれてありがとう!」など、お褒めの言葉をいただいております。

つまり 結果として お客様は期待以上の工事をしてもらえるので
コストパフォーマンス(費用対効果)」が良い ということになります。

要約すると 量販店(引越し会社)などの工事業者は高い工事料金通りの工事はしません!
直接取引の会社ですと 適正な価格で しっかりとした工事を行います!


皆さん、業者選びは慎重に!「安い」や「手軽」には必ずがあります。
ホームページやチラシをよく読んで しっかりと選んでください!

しっかりとした工事を適正価格で 行います!エアコン工事はQUATTROで!

それでは 最近 整髪量が少なくてすむようになった M字ハゲのこーじでした!

コメント

非公開コメント