FC2ブログ

暑い夏も終わり・・・

暑い暑い夏も終わり、少しずつですが秋の足音が聴こえてきましたね。
西瓜が終わり、梨の季節がやってきますね。(梨は幸水が好きです)
こんにちは。QUATTRO 代表の清 祐樹です。

一般的に夏はこの業界(エアコン工事)の一番忙しい時期、
とされていますが弊社QUATTROはおかげさまで
年明けからずっと忙しく、楽しく仕事をさせてもらっています。

それでも夏の時期はあの茹だるような暑さと、
無慈悲に攻撃してくる蚊との凄まじい攻防戦も手伝い、
とてつもなく忙しさを感じました。

唐突ですが、今年の私の蚊対策の最終兵器をご所介します!
P8101572.jpg 
『CHIGG AWAY:チグウェイ』です。
薬局では手に入らない代物ですが、とっても良い!!
(インターネットで検索してくださいm(_ _)m)
米軍御用達の蚊除け塗り薬らしいですが
すご~~~~く効き目があります。
硫黄っぽい匂いが鼻を突きますが、効果抜群です。
蚊がぷ~ん、と寄ってきても肌の直前でくるっとUターンするんです。
それにかゆみ止め成分も入っているので一石二鳥です。
まだまだ蚊が多いですから蚊嫌いの方にお勧めです。

そんなこんなで(蚊の話しかしてないけど)今年の夏も
『他社で断られてしまったお客様』や
『急ぐけどしっかりと工事をして欲しいお客様』など、
とてもやり甲斐のある現場が多かったです。

例えば
新築一戸建てへの気密断熱防水スリーブ後付施工。

例えば
3階建て一戸建てへの無足場工法による施工。

例えば
数社に断られて途方に暮れていたお客様からご依頼の、
超難易度の高所作業を含むマンション高層階への施工。

例えば
どの業社に見てもらっても「できない」と断られ、
エアコンの設置を諦めてかけていた室内ダクト施工。

例えば
隣地との隙間が40cmも無く、足場や高所作業車も
使うことのできない超狭所での3階→1階の施工。

毎日が普通ではない設置環境で本当に楽しかったです。
お客様にも心から喜んでいただけて嬉しかったです。
↓お客様から寄せられたご意見はこちらです↓

特に印象深かった設置環境、というより写真を撮った現場を
少しだけお見せしますね^^

=現場状況=
新築一戸建て・3階建て・隣地との隙間38cm前後・
超狭所・足場を組むと非常に高額・高所作業車不可・
設置箇所付近に窓なし・蚊が多い・・・などなど。
IMG_1950.jpg 
ご覧の通り綺麗にスッキリとしました。
施工は1日、弊社オリジナルの施工法にて
足場を組むこと無く安全確実に設置しました。
もちろん建物にキズひとつ付けていません。
また、施工の際にお隣さんの屋根に乗ったりも
当たり前ですがしておりません。

詳細は企業秘密なのでお伝えできませんが
弊社QUATTROで不可能な現場はありません。
どんな難環境(高所)でも設置可能です。

この現場ではないですが、3階のハシゴ上から撮った画像がこちら。
IMG_1019.jpg 
お分かりいただけますでしょうか?
お隣さんの敷地を施工には使用しません。
お客様の敷地内のみでの施工です。

青い養生シートが見えますが、ちょうどここに
お隣さん宅の給湯器があるので傷防止に被せてあります。

この現場の仕上がりはこんな感じです。
IMG_1034.jpg 
角付近・窓無し・超狭所・ハシゴ垂直という環境でも
このようにしっかりと施工できます。

また、両現場とも弊社独自の施工内容である、
『配管穴気密断熱防水施工』と『ダクトネジ穴防水』で
気密性・断熱性・防水性・防虫性の向上を図っております。
完璧な仕上がりとなりました。


続いては・・・

=現場環境=
7階建てマンションの5階部分(赤丸)に設置
室外機は屋上設置・ベランダ無し・高所作業車不可・
屋上からのロープ作業・蚊は少ない・・・などなど。
IMG_2472.jpg 
こちらはご覧の通り、足場になるものが一切ありません。
足場を組んだ場合、40万円以上はするでしょうし
足場設置→エアコン工事→足場解体などで
エアコンを付けるのに3日以上も掛かってしまいます。

あるいは高所作業車を手配する方法もありますが
7階建てともなるとかなり大型の車が必要です。
つまり高額になります。

直下の地面は通路(車も含む)になっているため
通行止めにしたり関係各所への許可申請や
交通警備員の手配なども必要にあります。
足場や高所作業車は現実的ではありません。

予め化粧テープを巻いた配管を屋上から垂らし、
窓から身を乗り出して接続する方法もありますが
非常に危険な上に見た目が悪くなります。
IMG_2484.jpg

 IMG_2483.jpg 
小さくて分かりにくいかもしれませんが
配管がデロ~ンとグネグネになっているのが
お分かりいただけますでしょうか?

また、このやり方だと配管の固定ができないため
少しの風で配管がバタバタ動いてしまい
化粧テープの早期劣化や最悪ガス漏れのリスクが
非常に高くなってしまいます。

ちょっと怖い話をすると、、、
ボロボロになった配管類が風に煽られて
ポロポロパラパラと剥がれ落ち落下します。
近隣住民の迷惑になるばかりか、硬いドレンホースなど
大きめの物が落下してしまったらどうなるでしょう?

下にいる歩行者に直撃して怪我をさせてしまったり、
下に停めてある車に直撃したら傷が入ったり凹ませてしまったりと、
非常に危険なリスクが潜んでいるんです。
また、上記のような事が起きた場合、誰の責任だ?
となりますが、エアコンの所有者であるお客さまの責任なんです。
怖いですよね。。。

で、こんな超難環境の場合、弊社QUATTROでは
どのように施工するのでしょうか?

屋上より『DRT:ダブルロープテクニック』という
独自の技術を用い屋上よりロープで降下し、
安全確実に施工をします^^
IMG_2474.jpg 
屋上からの眺め・・・。
落ちたら即死ですね(;_:)
※左側に別の部屋のグネグネな上に化粧テープが
 剥がれ落ちて剥き出しになった配管が見えます。

施工中はこんな感じ
P8281728.jpg

 P8281726.jpg

2本の特殊なロープで施工箇所まで降下し、
安全に確実に施工を行うことができるんです。

仕上がりはこのようになりました。
IMG_2478.jpg 
※見辛くてごめんなさいm(_ _)m
配管をバンドで壁にしっかりと固定してあるので
見た目も綺麗で耐久性もバッチリです。

事前にお客様よりいただいたお写真だけで
施工プランと概算見積を作成し施工しました。
経験豊富な弊社なら、現地調査無しで工事は1日で終了です。

費用も足場を組んだ場合と比べると
高所作業費の部分は半額以下でできるから
お財布にも優しい施工方法なのです。


続いては・・・

=現場環境=
新築一戸建て・3階建て・超狭所・ハシゴ垂直・
高所作業車不可・室内機3階と2階・
室外機は地面置き建物の裏・ALC造・蚊が多い・・・など

P8111668_20170909205103aa2.jpg 
完了後の画像しか無かったのですが、赤丸の部分に
長尺スライダー(ハシゴ)を立てての施工でした。
ハシゴはほぼ垂直でした。

隣地との距離はこんな感じで、
P8111620_20170909205105b2b.jpg
靴より少し長い程度です(汗)
こんな環境でもお客様の敷地内のみで施工を行います。
お隣さんにご迷惑をかける事はありません。

P8111669_201709092051040fe.jpg
よく見るとダクト(配管)の通る壁面には小さな窓しかありません。
窓から身を乗り出して無理矢理設置するような業者では絶対に
できない設置環境と言えます。

弊社QUATTROではこのように工事を行います。
P8111654.jpg 
赤丸の所に私がいます(汗)

P8111652_20170909205106a4b.jpg
よぉ~く見ないと分からないのですが、
私、ハシゴに足をのせていません。浮いています。
これは無足場工法&DRTを複合した弊社の必殺技です。

このような環境の場合、
お隣さんの壁に背中を押し付けバランスをとって
無理矢理設置する悪質な業者もいるようです。
このやり方だとお隣さんの壁に工具などが当たり、
キズをつけてしまったり汚してしまったり、
ALC等の材質の壁だと削れてしまうこともあるので
注意が必要です。

弊社で行っている独自の施工法であれば
スペースの関係上お隣さんの壁に触れる事はあっても
押し付けたり擦ったりすることがないため安心です。


このように、弊社QUATTROでは特殊な環境への
エアコン設置工事を特に多く施工しております。
エアコンが設置できなくてお困りの方、
一度ご相談くださいませ。必ず設置します。

IMG_2244.jpg 
~真鶴の素敵な一戸建てのバルコニーからの眺め~
お客様よりいただいた美味しいスイカと綺麗な風景です。

次回予告
『職人の休日~横浜探索編~』です。
IMG_2314.jpg 

※ツイッターもフォローお願いしますm(_ _)m
QUATTRO_AC







コメント

非公開コメント